川口市議会議員

 ふく森 えつ子

  ごあいさつ

〜 あなたに寄りそい やさしい未来を 〜

地域に寄りそい∴齔l一人の笑顔のために
やさしい未来・川口℃タ現のために、全力で働いて参ります。
皆さまの力強いご支援を宜しくお願い申し上げます。
 

ふく森えつ子 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    ふく森のプロフィール

 

昭和38年7月生まれ
埼玉県立越谷南高校卒
田辺製薬鰍ナ10年間勤務
中学、高校、実業団でバスケットボール部に所属
愛犬はクッキー(ちょっとぽっちゃりなトイプードル)

    政 策

 

市内小中学校の体育館にエアコンを設置  
みんななかまバス65歳以上を無料に
市立美術館の設置
子ども発達障がい相談支援センターの設置
東川口駅前行政センター(仮称・設置推進中)内にパスポートセンターを併設

    ふく森ってこんな人

 

ふく森は 地道な努力を続ける、信頼の人
 ・小学校の時になりたかった職業は、「学校の先生」
 ・生徒会改革に取り組んだ中学校時代。 皆から推薦されて副議長に。
 ・製薬会社に10年間勤務。「生命にかかわる仕事」に誇りをもって働きました。
ふく森は 希望と感謝を忘れない、粘り強い人
 ・中、高、実業団と、バスケットボール部で活躍。
 ・生後間もなく発症した小児ぜんそくとアトピー性皮膚炎。「粘り強く向き合い」24歳で全快。
 ・地元の皆様に感謝の心≠ナ、いつも明るく!
ふく森は 好きなことには一直線にはまる$l
 ・小説、歴史書、ミステリー、ジャンル問わず本が大好き。
 ・映画鑑賞も大好き。一番感動したのは「レ・ミゼラブル」
 ・チーズケーキ、シフォンケーキなどのお菓子作りが趣味。はまりすぎて体重が増えたことも(笑)

 

    ふく森の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2020年11月1日

9月市議会定例会 一般質問  No,1
令和2年9月市議会定例会が9月7日から25日までの19日間開かれました。
私は9月15日(火)一般質問2日目に当選後3回目となる市政に対する質問を行いました。
その質問内容と答弁を2回に分けて掲載させていただきます。
<質問内容と答弁>
コロナ過における妊産婦の支援について
 PCR等の検査や感染者の支援について

質問 :

国の「妊産婦総合対策事業」により、希望する妊婦はPCR検査実施が可能になった。
また感染した妊婦の具体的な支援についても併せて詳細を伺いたい。

答弁 :

概ね分娩2週間前にかかりつけ医と相談し、本人が希望した場合の検査費用を助成するもので、感染が確認された妊婦には、助産師や保健師による電話や家庭訪問で健康管理や育児への助言を行い、安心して子育てができるよう寄り添った支援に努めて参ります。
今後、広報紙やホームページに掲載し周知を図って参ります。
 妊婦健診など通院にともなう交通費の支援について

答弁 :

市長答弁
妊婦検診時の移動等にかかる費用の経済的負担を軽減し、妊婦の皆さんが安心して生活できるよう、市独自に交通系ICカード1万円分(デポジット代500円を含む)を交付致します。
  交通系ICカードは、公共交通機関、タクシーにもご利用いただけます。
※9月30日までに妊娠届けを出された方は郵送でお知らせ致します。
 10月1日以降に届けを提出される方は、申請書も兼ねますので、後日、簡易書留で郵送致します。
 4月28日以降に出産された新生児特別給付金について

質問 :

対象者や支援金額、周知方法を伺いたい。

答弁 :

給付対象者は、4月27日時点で本市に住民票があり、原則4月28日から12月31日までに出生し、本市に住民登録された新生児の養育者で、支援金額は新生児一人あたり3万円でございます。
個別に通知させて頂くほか、広報紙やホームページなどにて周知に努めて参ります。
学齢期のヤングケアラー実態調査の取り組みについて

質問 :

埼玉県では、本年3月、全国初の「埼玉県ケアラー支援条例」が公布・施行されたが、本市としても実態調査とともにケアの状況や支援ニーズを知り、市延滞出を整えていくことは必要と感じるが、本市の見解を伺いたい。

答弁 :

本市における実態把握については、券が実施するヤングケアラー実態調査の結果と県の同行を注視しながら、教育委員会をはじめとする関係各課と調整し検討して参ります。
受動喫煙対策の取り組みについて

質問 :

受動喫煙による肺がんや心筋梗塞などの死亡者は、国内で年間約1万5千人に上るとの推計もあり、20歳未満や妊婦、患者への配慮に加え飲食店従業員への対策、支援が課題となっているが、対策強化の取り組みを伺いたい。

答弁 :

2018年7月の健康増進法の一部改正においては、「望まない受動喫煙」をなくすため、「受動喫煙による健康影響が大きい子どもや患者などに特に配慮すること」「施設の累型・場所ごとの対策を実施すること」を基本的な考え方とし、対策を講じるよう定められたものでございます。
これら受動喫煙をなくすための取り組みの周知につきましては、市のホームページやポスター、対象飲食店全店舗に向けた個別通知や、関係団体へのパンフレット配布などを実施し、望まない受動喫煙を防止するための取り組み促進を進めているところでございます。


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2019 Fukumori etsuko. All Rights Reserved.